交通事故と診断書について

交通事故と診断書について

交通事故にあった場合、自動車保険会社から保険金を支払ってもらう必要があります。交通事故で負ってしまった怪我の治療費です。入院であっても、通院だけであっても、同じように治療費を保険金で払ってもらいます。しかし、そのためには、診断書が必要になってくるのです。

交通事故にあった場合、まず、警察で交通事故にあったという証明をしてもらわなければいけません。それを自動車保険会社に提出することで、保険金がおりるのです。しかし、その交通事故にあったという証明書を警察に発行してもらうためには、診断書が必要になってきます。

診断書とは、交通事故にあってこのような怪我を負いましたということを医師が書いたものです。それには、どの程度の怪我であるのか、完治するまでに何日ぐらいかかるのかなどが、書かれてあります。そのため、事故にあった場合、病院に初めて行った時点で、必ず交通事故にあったことでこの怪我を負ったということを、病院側に話すようにしましょう。

診断書を出してもらうように、依頼をすることが必要になってきます。もちろん、発行してもらうためには、費用が必要になります。しかし、その費用も自動車保険の会社が支払ってくれます。入院することになった場合も、同様に発行の依頼をします。

また、診察を受けた科ごとに必要になってきますので、注意するようにしましょう。例えば、整形外科と形成内科を受診した場合は、それぞれで2人の医師のものが必要になってきます。

それらを発行してもらった後は、警察の交番に行って記入用紙をもらい、同封して警察に送るようにします。もちろん、事前に警察に交通事故にあったことは報告しておかなければいけません。その上で発行してもらうことを依頼するようにします。
警察から交通事故にあった事についての証明書が送られてきた後は、証明書と、病院の治療費、書類発行費用などの領収書とあわせて、自動車保険の会社に送ります。

これは加害者がある場合の事故では当然のことですが、当て逃げなどで相手がわからない場合でも同様です。当て逃げでも保険金が出る自動車保険に自分自身が加入している場合は、加入している自動車保険の会社に送付して、保険金を支払ってもらいます。

このように、交通事故にあった場合は、診断書の発行がとても必要になってきます。自動車保険の会社から保険金を支払ってもらうためなので、忘れずに発行を依頼するようにしましょう。