慰謝料は?

交通事故で通院する場合の慰謝料は?

交通事故の時に発生する慰謝料とは、事故の際に遭遇した精神的な苦痛に対する賠償金になります。自分が支払ってもらう金額の内容を把握しておくことで、提示された金額が妥当なものかを判断することができます。

交通事故の賠償の内訳として怪我の治療費、通院交通費、入通院、仕事などを休む必要性がある場合には休業損害、事故の怪我により後遺症が出たときには後遺障害と逸失利益が支払われます。慰謝料とはこれらの賠償金の内訳項目の中の一つになります。また示談金との違いですが、示談金は加害者と被害者の間で話し合いがあり、双方で納得して算出した金額のことです。

お互いが納得していればよいので、特に弁護士や保険会社などは必要ありません。一方交通事故の慰謝料とは、自賠責基準や任意保険基準、弁護士基準などの特定の基準と計算方法をもとに算出された金額になります。まず自賠責保険とは、原則として公道を走る自動車や原付バイクの加入が決められています。交通事故の時に最低限の補償を受けるための保険であり、現在では民営化されているものの、その管理は国土交通省によって行われています。

自賠責保険の請求は被害者請求と、加害者の任意保険会社が行う加害者請求があります。では、具体的にどのように計算されるのでしょうか。自賠責保険の場合、1日4,200円までの支給と決められています。

それに治療の日数を掛けるのですが、これには計算方法が2通りあり、入院+通院×4,200円というものと(入院+退院後に実際に通院した日数)×2に4,200を掛けた金額の、どちらか少ない金額を選択することになります。また自賠責保険の支給の上限は1,200,000円までとなっています。

任意保険とは、その名の通り加入者の意志で入る保険になり、自賠責保険だけでは補償の範囲が充分ではないため、賠償の補填の意味で入る方が多く、その支払い基準は各保険会社によって定められています。任意保険では対人物無制限になっていることが多いので、自賠責では支払えない分を補うことができますが、交通事故の加害者側の保険であるため支払い交渉を行う必要がでてきます。交渉をスムーズに行うためにはこれらの用語をきちんと把握しておく必要があります。そしてもし交通事故によるケガで通院する場合には、時間の都合や痛みなどから病院に行くのが面倒になるかもしれませんが、金額の算出にも影響があるので治療とリハビリを行うためしっかりと病院に通うことをおすすめします。